【老舗鍛造屋さんの一品!"打つ"ことに特化した新感覚のキッチンツール】
割る、たたく、潰す、揉み込む、練る、など食材を"打つ"ことに特化したキッチンツール。味付け以前に食感にこだわるなど料理の美味しさは複合的。歯ごたえをだそうか、なめらかにしようか、粒感、柔らかさなど食材の本来もつ食感を料理します。”打つ”は、イメージのまま感覚的に、力加減で料理するので、食材に力をかけるあらゆる場面でかゆいところに手が届く道具。”打つ技”を手に入れることで作り方も味わいももっと広がります。

金属を打ってたたく作業を「鍛える」といい、「鍛造(たんぞう)」は金属を鍛えて形造る方法です。職人が鍛錬した一品が、丈夫で手馴染みよいハンディな道具となり、料理する楽しさ、食材の美味しさを引き出します。

愛知県のものづくり企業とデザイナーをつなげる AICHI DESIGN VISIONにて、株式会社旭鉄工と開発した商品です。
Back to Top